概要

概要

位  置:北海道のほぼ中心、富良野まで60Km、トマムまで20km、帯広まで80km
標  高:490m~760mの高原地帯
牧場面積 :631.2ヘクタール
草地面積 :505.9ヘクタール(東京ドーム約110個分)
放牧できる家畜の頭数 :約1,680頭
放牧できる家畜の種類 :ホルスタインなどの乳用牛、黒毛和種などの肉用牛
牧場の造成 :1977年~1986年
草地の全面更新 :1995年~2001年
主な施設 :事務所兼宿舎、牧区内看視舎、機械収納庫、乾草収納庫、患畜舎、牧柵、上水道、道路など


放牧牛の管理

◎牧場では次のような牛を受け入れています
・生後5ヵ月以上の乳用牛と肉用牛の育成牛(雄は去勢済のもの)
・人工授精対象牛
・受精卵移植牛
・採卵牛
・乳用牛の乾乳牛
・肉用牛の放牧中分娩牛
・肉用牛の親仔牛

◎牧場ではこのような対応も行っています
・乾乳牛の別群管理
・若牛(5~10ヵ月齢)の別群管理
・牧場で生まれた肉用牛仔牛に初乳の給与と哺育の馴致
初乳とは分娩後5日くらいまでの乳汁をいい、常乳と最もちがう点は種々の栄養分を豊富にもち、特に乳清蛋白質(免疫グロルビン)やカロチン・ビタミンA、D、Eの含有率が非常に高く、グロルビンは誕生仔牛に免疫を伝達する重要な役割をはたします。
預託者の希望により、親から隔離して確実に初乳を与え、1週間程度人工乳を給与して、預託者の元に帰ってから哺育をしやすいように慣れさせます。

◎人工授精・受精卵移植・採卵・傷病の治療は、牧場業務と連携して富良野地区農業共済組合が行っています。


放牧利用実績

平成29年度

放牧利用頭数

  • 乳用牛・・・・・186頭
  • 肉用牛・・・・・・96頭
  • 合 計・・・・・282頭

受精頭数

  • 乳用牛・・・・・・50頭   受胎頭数・・・・40頭   受胎率・・・80.0%
  • 肉用牛・・・・・・30頭   受胎頭数・・・・24頭   受胎率・・・80.0%
  • 合 計・・・・・・80頭

牧場内で発生する主な病気               


*ピンクアイ
ウシ伝染性角膜結膜炎で、世界各国に広く分布しており、輸入牛を通じて日本にも侵入。
特に夏から秋に多発。年齢に関係なく罹患。初感染の牛に突然発症し、急速に伝染する傾向がある。
ホルスタイン種・ヘレフォード種は、アバディーンアンガス種・黒毛和種より感受性は高い。
-症状-
全身症状を現すことは少なく、眼の異常が主。経過は、2~3日・数週間など様々。
初期の症状は、立木などに眼をこすりつけたり、群から離れていることが多い。
次第に流涙が増え、結膜浮腫や角膜の血管充血が見られる。
結膜充血や角膜白濁が見られ、ピンク色を示す。眼ヤニも出る。細菌・ウィルスの混合感染で悪化すると、角膜が混濁・白色や灰白色斑点になり化膿して失明することがある。

*趾間腐爛
牛の趾間の軟部組織化膿性炎又は壊死性炎で、俗にマタグセレと呼ばれている。
足元が湿った状態で、運動場・放牧地の小石、砂利、木片、牧草の硬い刈り株などにより蹄を損傷し、嫌気性菌が感染して発症する。
-症状-
趾間の急性皮膚炎に始まり、蹄冠部や趾間脂球に及ぶ。慢性の化膿性炎症の場合には、蹄冠にフレグモーネを生じ、膿瘍を形成して悪臭を放つ。
症状が進行すると、肢を地面に着けなくなり、発熱、食欲減退し、乳牛では泌乳量が減少する。

*未経産牛乳房炎
英国では夏季乳房炎と呼ばれ、7~8月頃の放牧中の乾乳牛や未経産牛に多発する。
-症状-
一般に経過はきわめて急性で、早期発見は容易でない。発見時には分房が発赤、腫脹し、熱感を伴う。
炎症を起こした分房に触ると痛がり、分泌物は黄白色か帯緑黄白色クリーム様の濃汁が多い。