放牧希望者へ

放牧希望者へ

公共串内牧場放牧牛取り扱い要領  
放牧牛の取り扱いは次の通りです。(要領の中で管内は、上富良野町・中富良野町・富良野市・南富良野町・占冠村を、管外は、それ以外の市町村を言います。
放牧対象家畜の種類
①乳用牛及び肉用牛の雌。
②乳用牛及び肉用牛の去勢牛。
放牧対象牛の月齢
生後5か月以上のもの(親に付けて放牧される肉用牛の仔牛は、出生時から放牧できます)
放牧予定期間
5月下旬~10月下旬(詳細は牧場利用申込者に通知します)
放牧牛の郡編成
① 人工授精対象牛は、乳用牛と肉専用種との混牧とします。
② 育成牛及び妊娠牛は、乳用牛と肉専用種を各々別群にします。
③ 肉用牛の分娩及び親子牛については、他の牛群と別群にします。
④ 群の種類及び1群当りの頭数は、状況に応じて適宜編成します。
放牧条件
① 授精は、人工授精の方法で行います。
② 妊娠牛は、原則として分娩予定日の1ヵ月前までに退牧してもらいます。
 (ただし、肉用牛で放牧分娩を希望する場合は、継続して放牧できます)
放牧中の分娩を希望するもの
① 肉用牛の経産牛で、過去の分娩時に異常がなかったものを対象にします。
② 肉用牛の妊娠牛で、6月20日以降分娩予定のものを対象にします。
③ 分娩は通常放牧している状態で行い、増飼は行いません。
放牧対象牛の防疫等
① 入牧の1ヵ月前までに気腫疽及び五種混合ワクチンの予防注射を受けてください。
② 牧場において寄生虫(コクシジウム・線虫及び肺虫)の駆虫を行います。
  但し、薬品代は飼養者の負担となります。
③ そのほか、必要に応じて適宜予防策を講じます。
放牧不適牛の取り扱い
入牧時において、明らかに傷病牛と判断されたもの及び発育不良などにより放牧に適さないと判断されたものは入牧を認められません。
放牧対象牛の家畜共済加入
放牧対象牛については、原則として家畜共済に加入していること。
入退牧の取り扱い
① 事前連絡 … 前日午前中までに牧場に連絡してください。(緊急対応の場合を除きます)
② 中途退牧 … 9月15日までの自己都合退牧には、中途退牧加算料がかかります。
人工授精及び傷病治療
人工授精及び傷病治療は、富良野地区農業共済組合が対応します。
放牧料金
① 管内の放牧料金は次の通りです。
種類 月齢区分 1日1頭につき 授精対象牛1頭1放牧期につき加算額 中途退牧牛1頭1回につき加算額
乳用牛 生後5か月以上 230円 3,000円 1,000円
肉用牛 生後5か月未満 70円 3,000円 1,000円
肉用牛 生後5か月以上 210円 3,000円 1,000円
② 管外の放牧料金は次の通りです。
種類 月齢区分 1日1頭につき 授精対象牛1頭1放牧期につき加算額 中途退牧牛1頭1回につき加算額
乳用牛 生後5か月以上 260円 3,500円 1,500円
肉用牛 生後5か月未満 90円 3,500円 1,500円
肉用牛 生後5か月以上 240円 3,500円 1,500円

放牧料金の納入方法
放牧料金は原則として2期に分割納入していただきますが、前納をお願いする場合もあります。
    第1期  8月中旬(入牧より7月末までの期間分)
    第2期  11月中旬(8月より退牧までの期間)
事故の免責
放牧中の事故防止については万全の策を講じていますが、放牧中に不幸にして盗難・疾病・熊害又はその他の事故が生じた時は、放牧施設等に瑕庇があった場合を除き、牧場はその補償等を行わないものとします。
放牧中の傷病及び事故処理
放牧期間中の放牧牛に傷病又は事故を生じた時は、死亡等の重大な場合を除き牧場の判断により適宜処理し、後日飼養者に連絡することとしますが、その処理に係る経費については飼養者負担とします。家畜共済加入牛については、共済事故の対象となりますが、車両負担については富良野地区農業共済組合の規定額を支払うことになります。又、相当長期間治療を要すると認められる場合には飼養者に退牧を願うことがあります。
死亡牛の処理
放牧牛が死亡した時は、飼養者及び関係機関に連絡の上、獣医師の指示に基づき適宜処理します。尚、処理に係る経費については、飼養者負担とします。
放牧牛の申込み
① 申込書類は、所属の農業協同組合等を通じて配布しますが、別に必要な場合は富良野広域連合公共串内牧場へ請求願います。
② 申込書の受付は随時行いますが、開牧当初は入牧2週間前までに提出願います。
③ 申込書には、必要事項を漏れなく記載願います。

放牧申込書ダウンロード